Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
花を買って帰る
0
     


    いつもと同じ週末の、買い物からの帰り道。
    でも、小脇に花束をかかえただけで、なんだかいつもより
    ちょっと楽しい気分です。

    ご存知のとおり「花より団子」派の私ではありますが、
    花を買って帰る(飾る)という行為って、とっても贅沢で素敵だなと思うのです。




    窓から見える木々はまだ影絵の状態で、
    ぱっと見たところ、そこに春の気配はありません。

    でも、よーく気をつけて観察してみると、
    その枝の先が膨らんでいるのを見つけることが出来ます。

    当たり前だけれど、(いや、当たり前ってことがすごいのです)
    今年も春がやってきます。

    一足早く春気分を味わいたくて選んだストックの花が、
    私の脳に春の色を思い出させてくれました。

    嗚呼、春が待ち遠しい・・・。





    writtten by K.W.


    *Hanging Ceramic Vase ¥2100

    | Home | 10:24 | - | - |
    RIESSのミニバケツ
    0

      白いホーローのミニバケツ。
      縁が削れていますが、かわいいこです。

      エッセンシャルオイルを2滴ほど垂らして、
      ちょっとしたお掃除によく使います。



      先日、ヒヤシンスを4本買いました。
      最初はこんなに咲いていませんでしたが、ヒヤシンスというのは
      縦横のボリュームを考えると、1本ならまだしも、4本・・・という数を飾るのは難しく、
      うちには手ごろな花瓶が見当たりません。

      いつものように「まっ、いいか。」と、出してきたのがこのミニバケツ。

      「おおーー!ちょうどいいではないですかー。」



      もう2週間ほど、ヒヤシンスの香りでいっぱいになった部屋で過ごしています。

      そして今朝、たわわに咲いて自分のからだを支えきれなくなった
      ヒヤシンスは、弱った茎のところでブチッ・・・と切られ、
      切り立ちのデカグラスに突っ込まれることに・・・。

      「あ・でもこれもかわいいじゃん。」
      と、相変わらず大胆なご主人様(まー、私のことですけど。笑。)なのでした。



      ミニバケツの話に戻しましょう。

      こんな使い方もしています。
      エアープランツ「T.ionantha Clump」の全身浴です。
      2週間に1回7〜8時間、水に浸けたらあとは空気中の水分だけで生きるし、
      花も咲く・・・と言われ、年始より育て出した、こちらも、かわいいこです。

      ミニバケツのお風呂・・・気持ち良さそうですね〜。
      サイズがぴったり!!



      たっぷり水分をとってブラッシュアップしたら、
      こんな風に飾ります。

      「花〜!!咲いて咲いて〜!!」
      「待ってるよ〜!」

       

      そんなこんなで、いろいろちょこちょこ楽しみながら・・・
      春を待つ、私なのでした。


      written by M.S.


      *RIESS Bucket  口径16cm 1.75L   ¥5040 (744641)

      小さいけれどいろいろに使えるミニバケツ。
      水を入れても普通のバケツのように重たくないし・・・カヨワイ!?女性にも
      お勧めです。


      | Home | 18:46 | - | - |
      フランジュバニが咲く国で
      0

        自然のモノには精霊が宿る。

        9月のおわり。
        神々が棲む島「インドネシア」へ、久しぶりに行ってきました。



        香りがいいものが、大好きな私です。

        色々な花が一年中咲き乱れるインドネシアですが、
        今回は、なぜか「フランジュバニ=プルメリア」に、強く惹かれ、
        ホテルのガーデンや、移動中の車窓から見える景色に、
        たくさんのフランジュバニを探していました。



        やわらかなミルク色の花びらのまんなかに、ぽっ・・と光が灯ったような
        ベーシックな色合いのもの、
        もう少し黄色味の強い、おいしそうな色合いのもの、
        薄紅色とサーモンピンクが混じったような、ほんのりと色気のあるもの。

        いろいろあるんです。


        ホテルに置いてある大きなストーンの灰皿にも、ちょこん・・・と飾ってあったり。
        (かわいいからでしょうか。誰も灰を落とす人はいないよう。)

        開花後、いちばんいい状態のときに、いさぎよくポトン・・・と落ちるらしい
        その花を、私は毎日拾ってはホテルの部屋に持ち帰りました。



        買付をしたバスケットやさんの店の裏(住まいになっている)でも咲いていました。

        ・・・例のごとく、落ちている花をひとつひとつ拾っては頂戴している私を見て、
        どこからかおじさんがやってきて、長い棒で木を突いてくれました。

        ぽろぽろ・・ぽろ・・・ぽろ・・・・・。
        いっぱい落ちてきて大喜び!!
        「おじさん、ありがとう!」←私より若い可能性あり、ですが。(笑)




        インドネシアには、Maduで長年扱ってきた素敵なモノがたくさんあります。

        たとえば、トゥガナン村のシダ科の植物「アタ」素材の手編みのバスケット。

        今回は、こんなに洗練された、シンプルで大きなボウルも見つけました。
        直径は40cm。
        1つ編むだけで2週間もかかるそうです。



        来春用の商品として買い付けたのですが、私はどうしても先に使ってみたくて
        ひとつ売ってもらうことにしました。

        その日に拾ったフランジュバニを入れてホテルに帰り、部屋でひとりニンマリ。
        ・・・ごきげんです!


         
        バリを代表する花「フランジュバニ」は、いろんな手工芸品のデザインのなかに
        見つけることが出来ます。

        銀細工やさんではリングを。



        ガラスやさんでは、ソープディッシュのプレス柄にも使われていました。

        サンプルにゲストソープを乗せて、早速使ってみましょう。

        来春夏に向けて、今のうちに気分を盛り上げておくのです。
        (準備が早すぎますね・・・でも、この気分を来年お店で、商品と演出を通して
        お伝えできるように・・・なんて、自分が楽しんでるだけかもしれませんが。笑。)



        小さな手彫りの石塔のキャンドルスタンドもフランジュバニの柄を選びました。

        子供の頃に描いた、シンプルな「花」のカタチに似ているので、
        合わせる他のものを選り好みしないと思います。



        インドネシアの商品、少しだけご紹介させていただきました。
        あとは、後々のお楽しみ。

        出発前の東京での急な気候の変化に、風邪をひいてしまった私は、
        暖かい国に行ったのにもかかわらず、喉が痛くて咳がとまらず
        マスクをしてなければならない・・・という残念な人に。

        そんな状態ではありましたが、フランジュバニのやわらかな香りと、
        出会ったやさしい人たちに癒されながら、無事良い買付ができました。


        9月は、企画スタッフがそれぞれヨーロッパ、韓国、インドネシアと、
        あちらこちらに出かけて、たくさんのものを選んだり、別注依頼したり・・・、
        お互いの土産話が聞けて、楽しかったです。


        いろいろな国でいろいろな人が作ってくれたものが、海を越えてやってくる。
        「どんな風に組み合わせようかな・・・。」
        2013年のMaduも楽しくなりそう!

        今からわくわくしています。


        written by M.S.


        *季節の変わり目、みなさまもお体ご自愛くださいね。


        | Home | 17:46 | - | - |
        Summer Brilliant Coloring
        0

          燦々と降り注ぐ太陽の陽射しに負けない色鮮やかな夏の花。

          おばあちゃんの「百日草」。

          今夏も飾ることができて、私・・・嬉しい!

          (昨年の日記はこちら



          アスファルトの道路からはゆらゆらと立ち上がる陽炎。
          「暑い。暑い。」と、人間は冷たいもので暑気払いをしたりして・・・
          なんとかやり過ごす都会での暮らし。


          休日は自然に触れよう。
          少し足を伸ばせば景色は違って見えてくる。

          木や草花は緑を濃くし、枝を伸ばして夏を謳歌しているかのよう。

          田畑では太陽の恵みを受けた作物が実りの秋に向けてすくすくと育っている。


          九十九里に行ってきました。



          上写真
          東京では見ることが少ない百日草は、丈夫なこともあり千葉では仏花として飾られるそう。
          でも、それだけではもったいない可愛らしい風貌。

          下写真左 
          そよそよしたロシアンセージがとっても涼しげ。

          下写真右 
          花や苗を売る、おばあちゃんの店に続く道はローズマリーでいっぱい。




          おばあちゃん。
          今年も会いにきたよ。
          暑い日が続いているね。
          春から夏は忙しいことでしょうね。
          冬はどうやってすごしているの?


          「冬も忙しいよ〜。乾かしたお花や木の実でクリスマスリースを作るからね。」


          おぉ〜!なるほど〜!
          おばあちゃんは、とっても元気!
          休んでいる暇はないんです。
          (いや。休みたいという感覚がないのかもしれません。)

          下写真
          ロープに吊り下げドライにしているカイガラ草とアンモビューム。
          種類別にくりかえし並べてあるところが、とっても私の好み。




          ガーデンには、極彩色(ブリリアントカラー)のお花がいっぱい。

          下写真左 
          芙蓉(ハイビスカス)は、顔くらい大きい!直径20cmくらい。
          瑞々しくて柔らかな花びらが夏の風に揺れている。
          一日だけの開花を喜び楽しんでいるかのように。

          下写真右 
          サマーポインセチア。一枚の葉っぱのなかに赤い色がついている、
          この不思議な花は、冬のポインセチアよりオレンジがかった鮮やかな色。



          そういえば、選んで持っていったクロスもハイビスカスの柄でした。
          そんな気分だったんです!



          マドゥヴァンのクロスは、普段のテーブル用としてだけでなく、
          海辺でシートの上に敷いて使うのにも持っていきます。

          洗っちゃえば大丈夫!
          好きなクロスは、たくさん広げる機会があったほうがHAPPYです!!



          青い空のもとでは、多色染めの鮮やかな色が似合います。
          ・・・うぅ〜ん。。。眩しい!!


          さらさらとしたどこまでも続く砂浜。
          波打ち際を散歩すると、思った以上にひんやりと冷たい海水で、
          足がとても心地よく・・・癒されます。

          少年たちは、はしゃぎまくって寄せては返す波を追いかけっこしています。



          夏を楽しみましょう!
          「Summer Brilliant Coloring」


          そんなテーマが浮かんできた、九十九里での休日なのでした。


          written by M.S.


          *百日草を飾った壷型の花瓶。 H10cm ¥2,310(H15.5cm ¥3,780)

          *ハイビスカス柄のテーブルクロスは、マドゥヴァンの数年前のコレクション。
          久しぶりに広げたら素敵だったので、デザイナーのBRUNOさんにお願いして
          2013年S/S用として再び制作してもらうことにしました。

          来春夏は、Maduの店内でこのクロスを広げて、テーブルセッティングをしたい
          と思っています。

          | Home | 19:28 | - | - |
          清清しく楽しく
          0
            春めいたお天気が増えてきているこの頃、
            バーンと窓を開け放ち、思い切ってお掃除したくなる!
            (今日の東京は春の嵐ですが・・・)

            でもせっかく暖かくなってきたけれど
            まだ花粉が飛散するこの時期、
            なかなかそうも出来なく残念な感じですが
            今日は少しお掃除が楽しくなるアイテムをご紹介。

            少し前に我が家に来てから、
            いつも目に付く所に置いてあるこの子。



            つい目が合い、何となく手に取り掃いてみたくなる。
            ピンと立った毛で厳ついフリをしているけれど
            実は意外と手触りはソフト。
            スリムな風貌で、隙間のゴミも任せとけ!と
            小さくても頼もしいホウキのハリネズミ君です。



            同じホウキでも、ドイツ生まれのハリネズミ君とはまた違い
            こちらはベトナムからやってきました。



            日本のものとも少し似ているような、
            でも使われている素材や編み方が
            やっぱり独特です。
            動物毛(馬)のハリネズミ君に対し、
            こちらは自然の草製。更にソフトです。

            そして掃除に欠かせないのがバケツ。



            オーストリアの琺瑯製で汚れや臭いが付き難く
            永く使えそう。
            サイズは約φ16cmと小さいですが、
            ちょこっと濯ぎに、庭仕事の手洗いに、
            切花の水揚げに。



            真っ白な琺瑯が清潔感もUP。
            子供の砂遊びにもお勧めです。

            さて眺めているばかりでなく、
            そろそろ本気でお掃除に取り掛かるとしましょう。


            written by M.O.


            *Hedgehog TableBrush ¥1,785

            *GrassMiniBroom L ¥263 S ¥210

            *RIESS Buket ¥5,040

            | Home | 14:06 | - | - |
            「古いこと」の価値。
            0
               



              Vintage(ヴィンテージ)という言葉は、
              例えば家具の世界だったら、100年以上経ったものをアンティークと呼ぶのに対し、
              それよりは新しいけれども、古く価値があるものを指したりしますが、
              元々はワインの製造年代を意味する言葉で、
              当たり年のワインなどをそう呼ぶようになったことから、
              ワイン以外のものでも、年代を経たもので価値のあるものを
              ヴィンテージと呼ぶようになったのだそうです。


              あぁ、私、この言葉の響き、好きです。
              歳月を経ることで価値が高まるって、素敵な考え方です。


              歳だけは全員平等に1年に1才、カウントアップして行きますが、
              その度に自分の価値が高まって行くのだとしたら、
              歳を重ねるのも素敵なことですよね。

              いや、放っておくだけでは価値は高まらないので、
              自分で価値を高める努力は必要なのですけれども・・・・。


              と、人間の話はさておき、家具の話にもどりましょう。





              現在、Madu二子玉川店にて、
              インドネシアの一点もののヴィンテージ家具をご紹介しています。
              二子玉川店でヴィンテージ家具を揃えてご紹介するのは今回が初めてです。

              二つとして同じものはありませんので、
              ぜひ、店頭で、経てきた月日を想いながら、じっくり眺めていただき、
              お気に入りの1点と出会っていただけたら嬉しいです。


              ベルギーの新ガーデンアイテムも一緒に並んでます。
              ぜひMadu二子玉川店にお出かけ下さい。






              written by K.W.

              | Home | 20:36 | - | - |
              夜の花見
              0
                 



                くるくると周るピンクの花を眺めながら・・・・の赤ワイン。


                沖縄に住んでいる方のブログに、桜の花の写真が載っているのを見て、
                こんなに寒い東京にも、あと数ヶ月で春がやって来るのだと、
                分かってはいたけれど、改めて実感しました。


                そんな訳で今夜は、一足早い夜桜?見物。
                キャンドルの炎から上る熱でプロペラがくるくると周り、
                吊るされたピンクの花もくるくるとゆっくり周ります。


                今日は、待ち遠しい春を想って、ピンク・紫・緑を加えたパスタと赤ワインで夕食。





                3杯目のワインを注ぐころには、
                プロペラを眺める目もとろんとしてきて・・・・・・。





                春の、あのウトウトする感じも懐かしいです。



                written by K.W.


                *ライトカルーセル ¥1890
                *フレンチオーバルプレート 30僉  ¥5775 

                | Home | 22:22 | - | - |
                林檎売り
                0

                   


                  空から雲ごと雪になって落ちてきそうな寒い寒い今日の東京。


                  帰宅途中の寒い路上で、林檎を売っているお兄さんに呼び止められました。

                  黄色と赤の林檎、二種類を味見させてもらうとびっくりするほど甘くて美味しかったので、
                  量り売りのちょうど1キロになるように見計らって袋に入れてもらうと、

                  「りんご酢もどうですか?」とお兄さん。

                  私、接客販売(特に食べ物)に弱いです。
                  気づけば林檎1キロにりんご酢半升の重たい袋をずっしり受け取っておりました。
                  だって、こんな寒空の下で一人で頑張って売っているのだから・・・と、つい。
                  お金が貯まらない所以です。





                  「じゃあ頑張ってくださいねー」と言い残し、私は腕がちぎれる前にと急いで帰宅。
                  先に夫が帰宅していたので暖かい我が家。
                  あのお兄さんは、寒い路上で何時ごろまで頑張るのでしょうかね。


                  さて、暖かい我が家と書きましたが、実は最近、足元の冷えが気になっていました。
                  書斎に暖房器具が無いため、ノートパソコンを居間のコーヒーテーブルに運んで
                  使っていたのですが、じっと画面を眺めて同じ姿勢をしていると、
                  どうも足元だけ冷えてきます。
                  でも、住人が二人しか居ない我が家で、大きな暖房器具はこれ以上増やしたくないし・・・。

                  そんな私の足元に、頼もしい相棒(相棒だらけ)登場。





                  一人で居るときには部屋の暖房を切って、これだけでも良いのではないかと思える
                  なかなかのパワーで足元を暖めてくれるのは、軽くて家の中を気軽に持ち運べる
                  セラミックファンヒーターです。

                  温風は「強」と「弱」の二段階に切り替わり、
                  更に「送風」機能もあるので、夏には扇風機代わりにもなる優れもの。
                  但し、首を振ることが出来ないので、あくまでもパーソナルスペースでの
                  利用に向いています。


                  春が来るまで、家の中をこの子を連れ回しながら移動する日々が続きそうです。
                  あ、あとは林檎酢のお湯割りで、身体を中から温めるとします。


                  written by K.W.


                  *セラミックファンヒーター ¥6825
                  | Home | 18:46 | - | - |
                  自己流治療
                  0
                     



                    週末に我が家にやって来たゲストのうちの一人が、
                    ワインやら何やらの他に「近所の月桂樹」を瓶に詰めて持ってきてくれました。
                    以前、「実家の柿」を持ってきてくれた彼です。
                    毎回楽しいお土産をありがとう。


                    普段、ありがたいことにめったに風邪を引かない私ですが、
                    なぜか毎年、年末年始のお休み中、2日間ほど体調を崩します。
                    身体が大掃除をしたがっている感じで、鼻や喉や肌が暴れるのです。

                    今回は身体の大掃除、が無かったので良かった良かったと思っていたら、
                    年が明けて、仕事も始まった今頃、大掃除がやってきてしまいました・・・。

                    ン十年も付き合っている自分の身体なので、すべきことは分かっています。

                    まず身体が温まるものをたっぷり食べて、
                    温かいお風呂に入って、早く寝る!
                    シンプルです。


                    たっぷり野菜の入ったスープを鍋いっぱいに作りました。
                    お鍋から立ち上る湯気にあたっているだけで元気になりそう・・・。
                    お土産にもらった「近所の月桂樹」も早速使ってみました。





                    これをぺロリと平らげたら(体調崩しても食欲は減りません)、
                    お風呂に入って・・・・

                    鼻の通りを良くするために、大きなホーローの洗面器にお湯をはり、
                    ユーカリのエッセンシャルオイルを数滴垂らしたものをベッドサイドにセット。





                    あとはぐっすり寝て目が覚めたら、
                    「私は元気だ!」と思えば、そんな気がしてくる単純な私。
                    こんな感じでここ何年も、風邪薬要らずです。

                    でも過信は禁物。
                    しばらくおとなしくしていようと思います。

                    寒い日が続いていますので、皆様もどうぞお身体ご自愛くださいませ。



                    written by K.W.


                    *Washing Basin φ40僉 5250

                    *二枚目写真でスープを入れたボウルは、以前Maduで扱っていたもので
                     現在取り扱いはありません。
                     フランスで作られ「Le Terre」(大地)と名づけられたボウルは、
                     根菜をたっぷり入れたスープにぴったりで、我が家で良く登場する器の一つです。

                    | Home | 13:33 | - | - |
                    Mint Balls
                    0




                      雪をころがして丸めたようなMint Ballが、
                      クリスマスの雰囲気にぴったり、というような気がして、
                      ガラスのキャ二スターに入れて、テーブルセンターに置いてみました。

                      渡英する度にこのMint Ballを良くみかけて、
                      (例えば、ホテルのレセプションの脇のボウルに盛ってあったりするので、
                      チェックインしながら口に放り込んだり・・・)
                      いつも買って帰るのですが、今回はそれを知っているイギリスの義母が私にと、
                      先日まで帰省していた夫に持たせてくれました。

                      ミントほどスーッとしてなくて、キャンディーほど甘くなくて、
                      朝家を出る時に口に放り込んで出かけるのが好きなのです。


                      そういえば先日、違うミントキャンディーを買いました。





                      数年前にMaduのクリスマスに登場したトントゥちゃんが番をしてくれている
                      バスケットに入っているのはミント味のキャンディーケイン。
                      良くクリスマスツリーなんかに飾ってあるのを見かけますね。

                      どうもこの見た目が好きで、クリスマスシーズンに売られているのを見ると
                      つい買ってしまうのですが、
                      今年の我家のツリーは、赤を加えないバージョンにしてしまったので、
                      ここに飾ることにしました。


                      今日は家族へのクリスマスプレゼントを買いに奔走していたのですが、
                      結局全部は買い終わらず、最後は疲れ果てて、
                      Mint Ballで遊んで本日は終了。


                      さて、そろそろ寝て、明日もまたサンタ業、かな?


                      written by K.W.


                      *ガラスのキャ二スター ¥3360
                      *バスケット ¥504
                      | Home | 23:55 | - | - |
                      CALENDAR
                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      SELECTED ENTRIES
                      CATEGORIES
                      ARCHIVES
                      Writers
                      1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
                      掲載商品について
                      *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
                      掲載商品の価格表示について
                      本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
                      follow us on Instagram!
                      モバイル
                      qrcode
                      LINKS
                      PROFILE