Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 1月のMadu | main | Happy Valentine's Day! >>
2月のMadu
0

    作家展のお知らせです。

    『A.R.I』

    2月9日(金)〜開催 

    ENCOUNTER Madu Aoyama

    青山で14年間愛されながら昨年9月に店を閉じたA.R.Iが、クリスマスの限定販売に続き、

    今回はバレンタインに合わせたクッキーを用意してくれました。

    今回もA.R.Iファンには嬉しいチャンス!

    数に限りがございますのでお早めのご来店をお待ちしております。

     

     

    『安見工房 器展』

    2月17日(土)〜2月28日(水)開催 

    ENCOUNTER Madu Aoyama

    身近な景色を、スケッチするように伸びやかに映し出した器は、手にした人を笑顔にしてくれます。

    今展では、安見工房の代名詞「青釉線刻」の器に加え、パステル画のような爽やかな黄釉の器など、

    楽しくて温もりのある器の数々をご紹介します。

     

     

    『石田裕哉 器展』

    2月10日(土)〜3月4日(日)開催 

    ENCOUNTER Madu Ginza

    「新作を中心に、春の食卓を楽しく彩る明るい色味の器をつくりました。」石田裕哉

    一つ一つ丁寧に型打ち成形された器は、料理を引き立て、他の器とも調和し、それでいて、

    凛とした存在感で食卓を明るくしてくれます。今展では、そんな器の数々をご紹介します。

     

     

    『KAZUMITSU TANAKA pottery exhibition』

    1月27日(土)〜2月18日(日)開催 

    Madu二子玉川店

    「使いやすくシンプルで明確な造形、やわらかに感じられる質感や雰囲気、

    そういったものを器に込めることができたらと考えています。」と仰る田中さんの器は、

    個性的でありながらも使い手に寄り添う優しい佇まいをしています。

    今展では、シャープさとやわらかさを併せもつ、白、水、紺、黄など

    様々な色彩の器の数々をご紹介します。

     

    お近くのMaduへぜひおでかけください。

     

     

     

     

    Written by S.K.

     

     

     

    | Others | 21:00 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << June 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    Writers
    1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
    掲載商品について
    *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
    掲載商品の価格表示について
    本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
    follow us on Instagram!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE