Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< Letterpress Workshop 開催のお知らせ | main | 3月のMadu >>
Letterpress Workshop無事終了しました

 

 

25日土曜日にENCOUNTER Madu Aoyamaにて開催された

活版印刷体験&貼り箱つくりワークショップ、無事終わりました。

ご参加下さった皆様、そして、講師を務めて下さった

Bird Designのお二人、ありがとうございました。

 

少し当日の様子をご紹介しましょう。

 

先ずは、活版印刷の歴史や、ワークショップの内容についてのお話を

真剣に聞き入る参加者の皆さん。

 

今回は、一枚目写真のような、ワンポイントマークと、

名前又は一文(アルファベットの大文字)を

名刺サイズのカードにご自身で25枚印刷していただき、

更にご自身で作っていただいた貼り箱に入れてお持ちかえりいただくという内容です。

 

 

 

では早速、刷る文字を決めたら、版にする文字探しからスタートです。

 

 

 

選んだ文字を、先生が版に並べてくださいます。

皆さん、ご自分の名前のスペルを順番に並べていらっしゃったのですが、

先生はそれを全て反対の順番に並べ替え・・・・

 

それはそうですね!「版」ですから、

実際印刷される際は、反転されます。

 

 

版が出来たら、早速刷ってみましょう。

先ずはお手本を見せてくださいます。

 

 

次はご自身で。

がっちゃん、がっちゃん。

この日は一日中、印刷機が動く音が心地よく店内に響いていました。

 

 

最初の一枚を刷った後は皆さん「うわあ!嬉しい。」と感動のご様子。

皆さんとても器用に、すいすいと25枚を刷りあげてらっしゃいました。

とても楽しそう。

 

さて、印刷機は2台ですので、順番を待っている方々は、

貼り箱作りを進めます。

 

美しいカルタヴァレーゼ(※1)の様々な柄から、

お気に入りの柄を選ぶ作業は楽しいですね。

 

 

シワを寄せずにまっすぐ、そして、端がすっきりとおさまるように。

綺麗な仕上がりを思い浮かべながら、慎重に進めます。

 

機械貼りではここまで美しく仕上げるのは難しいのだそうです。

 

「家に帰ったら、お菓子の箱などの既成の貼り箱の紙の合わせを見てみてください。

今日皆さんが手で貼った箱の方がずっと美しく仕上がっていますよ。」

 

という先生の言葉もなんだか嬉しいのでした。

世界に一つだけの、ハンドメイド貼り箱の出来上がりです。

 

 

 

さ、箱が出来上がりましたので、刷りたてのカードを早速入れてみましょう。

ご参加下さった皆さんの作品を並べて、記念撮影です。

 

 

初めてとは思えない、素晴らしい仕上がりです。

 

 

ワークショップに行けなかったけど、カードセットが気になるな、というお客様へ。

Bird Designさんにお願いして、作っていただいたMaduのオリジナルカードセットは

いつも入荷のたびに早めに売り切れてしまう人気アイテムなのですが、

今回のワークショップにあわせて、沢山納品していただきました。

 

25枚のカード、全てが違う柄という贅沢なセットになっています。

他にも、ハガキサイズのカードに、マットゴールドの封筒がセットになった

シリーズもございますので、

ぜひENCOUNTER Madu Aoyamaにお立ち寄りください。

 

 

今後もまたあれこれ楽しい催しを計画しております。

 

ENCOUNTER Madu Aoyamaは、独自のFacebookページがございます。

開催予定や、参加者募集のご案内などは、こちらのページでお知らせしておりますので、

宜しければ時々覗いてみてください。

 

https://www.facebook.com/encounter.madu.aoyama/

 

 

Maduの店頭ワークショップは、別室を設けず、いつも店頭の一角を利用して

オープンな雰囲気で開催しています。

 

ご参加されるお時間の無い方でも、お気軽にご見学いただけますので、

お散歩の途中にでも、ぜひふらりとお立ち寄りください。

 

 

 

written by K.W.

 

 

*25 Kinds Letterpress Message Cards ¥1500+税(851470)

*Letterpress Note Card Set 全6柄(中身共通)各¥2000+税 (861411-416)

 

 

※1:カルタヴァレーゼ

イタリアフィレンツェで16世紀のルネサンス期から続く伝統紙で、

やや厚手のマットな質感の紙に、少しレトロな印象の柄を印刷したこの美しい紙は、

世界中の紙ファンから注目されるアイテムとなっています。

 

 

 

| Others | 17:31 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Writers
1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
掲載商品について
*ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
掲載商品の価格表示について
本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
follow us on Instagram!
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE