Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 12月のMadu | main | 年末年始の営業時間のお知らせ >>
村上圭一 木の器展

 

一目惚れした木の器です。

 

ちょっと「アルプスの少女ハイジ」を思い出すのです。

山小屋で、おじいさんがチーズをとろとろに炙って、

パンに乗っけてくれるシーン。

本当においしそうでした。

食卓には、無垢の木をくりぬいた器がありました。

 

私もそんな器でサラダやシチューを食べたい・・・!と、

この木の器を見て求めました。

 

『村上圭一 木の器展』
12月10日(土)〜12月25日(日)開催

ENCOUNTER Madu Aoyama


作家在店日:12/10(土)13:00〜17:00


「木の素材感、表情、良さを生かすことを心がけています。

節や割れ、虫食いなども自然の持つ表情、個性として捉え、

その良さを生かせるような表現をしていきたい。」村上圭一
 

 

 

初めてその器を手にしたときから一年以上が経ちました。

 

いよいよ、村上圭一さんの「木の器」が青山にやってきます。

 

 

昨年の暮れには、湯河原の工房を訪ねました。

 

海沿いの斜面に、太陽の光と潮風をいっぱいに含んだみかんが育つ

素晴らしい環境のところに村上さんの仕事場がありました。

 

 

 

海が近いからですね。

 

ビーチコーミングで集められた、流木やガラス、珊瑚などが、

作品と仲良く並んでいました。

 

 

伐採された無垢の木を活用し、丁寧な手仕事で作り上げられた

木の器たち。

その温かでやさしい風合いは、村上さんのお人柄そのものです。

 

 

その日、手のひらに収まる小さなボウルを求めました。

これがまたかわいいったら・・ないのです。

 

 

食卓を彩るさまざまな天然木の器を、

ENCOUNTER Madu Aoyamaにてご紹介します。

 

12月10日 土曜日 13:00〜17:00の間は、村上さんが

在店してくださいます。

木のこと・・いろいろ教えてもらえそうです。

ぜひ、触れてみてくださいね。

 

 

みなさまのご来店を心よりお待ちしています。

 

 

written by M.S.

 

 

 

 

 

 

| Table & Kitchen | 17:57 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Writers
1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
掲載商品について
*ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
掲載商品の価格表示について
本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
follow us on Instagram!
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE