Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 伊藤豊 器展 | main | 加藤那美子 うるし展 >>
ENCOUNTER Madu Aoyama 土鍋料理 実演試食会のご案内
0

    JUGEMテーマ:

     

    恒例となりました『長谷園 土鍋料理 実演試食会』。

    今年も長谷園・土鍋コーディネーター 竹村謙二氏をお迎えして、

    ENCOUNTER Madu Aoyamaで開催いたします。

     

    20161020-3.jpg

     

    食材にゆっくりじっくり熱を伝える伊賀の土鍋は、鍋料理だけでなく、

    毎日のお料理でも食材の美味しさを引き出してくれる調理道具として活躍します。

    その土鍋の特長や土鍋料理のコツなどを、実演形式でお伝えいたします。

     

    開催日時:2016年11月30日(水)

         第一回 11時30分〜13時30分

         第二回 17時〜19時

     

    定員:各回8名様(合計16名様)

     

    開催場所:ENCOUNTER Madu Aoyama

         TEL 03-3498-2971

     

    講師:長谷園・土鍋コーディネーター 竹村謙二

     

    費用:¥2500+税(試食+お土産付き)

     

    ご持参いただくもの:エプロン

     

    <メニュー>

    *クリスマスライス〜トマトの炊き込みごはん〜(かまどさん)

    *鶏蒸しホットドレッシング(蒸し鍋)

    *野菜のポトフ(蒸し鍋)

    *本格燻製(いぶしぎん)

    *黒糖蒸しパン(蒸し鍋)

     

    ※デモンストレーションメインとなりますが、実際に出来上がったお料理を

    皆様にお召し上がりいただきます。

    ※メニューは変更になる場合がございます。ご了承ください。

     

    P1980457.JPG

     

    P1780732.JPG

    ※写真は過去のものです。

     

    お電話・店頭にてご予約を承ります。

    ENCOUNTER Madu Aoyama
    東京都港区南青山5-8-1 セーヌアキラ1F

    TEL:03-3498-2971

     

    ※先着順での受付となります。

    ※お申し込み後は、突然のキャンセルがないようご協力をお願い致します。

    当日のキャンセルの場合、参加費をご負担いただく場合がございますのでご了承下さい。

     

     

    今年は、これからのパーティーシーズンにも活用できそうなアイデア満載のメニューです。

    是非、皆様のご参加をお待ちしております。

     

     

    written by Y.O.

    | Table & Kitchen | 14:30 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    Writers
    1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
    掲載商品について
    *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
    掲載商品の価格表示について
    本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
    follow us on Instagram!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE