Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 加藤真雪 器展 | main | 店舗のご紹介 Madu 仙台店 >>
ROUSSEAU EXHIBITION
0



    3月16日(水)〜3月31日(木)開催 
    ENCOUNTER Madu Aoyama

    「フランスの画家アンリ・ルソーの描く緑の世界。
    あの幻想的な密林は、書籍や植物園でのスケッチをもとにした
    彼の頭の中だけにある空想上の世界でした。」

    そんなプロローグとともに始まるROUSSEAUさんの世界。
    ご自身初となる個展をEncounter Madu Aoyamaで開催いたします。


    硬質で無機質なガラス空間と、有機的な曲線、思いもよらない動きをみせてくれる植物との対比。
    ガラスを切り出し、一点ずつ手作業で作り出した「ハコ」に、自然が時間をかけてつくりだした植物、鉱物、化石などのカタチを合わせた作品の数々。


    「サボテンの棘の螺旋構造、葉脈の流れ、鉱物の結晶構造、、自然の造形の規則性にひそむ心地よさを、ガラスで切り取った『とくべつな空間』で愉しめたら、、という思いで制作しています。」と仰るROUSSEAU さん。

    人の手を感じさせないクリーンな空間に仕上げるためにこだわっているというひとつひとつの工程。
    ガラスの薄さ、繊細で精密な溶接のライン、そして鉱物などからヒントを得てつくられたそのカタチはROUSSEAUさんにしか表現できない『とくべつな空間』です。

    透明なガラスのケースの中には小さな世界がひろがります。


    今回は植物や鉱物が入っているものだけでなく、大きめのフラワベースやガラスプランターに脚が付いたNEW TYPEも登場します。
    ぜひROUSSEAUさんのつくりだす世界をご覧ください。

    3/27にROUSSEAUさんが在店されます。
    作品ひとつひとつの制作過程はもちろん、鉱物や植物にまつわる物語を直接尋ねられてはいかがでしょうか。

    ROUSSEAU EXHIBITION
    3月16日(水)〜3月31日(木)開催 
    ENCOUNTER Madu Aoyama
    作家在店日:3/27(日)13:00〜18:00

    Written by M.N.
    | Home | 10:36 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << January 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    Writers
    1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
    掲載商品について
    *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
    掲載商品の価格表示について
    本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
    follow us on Instagram!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE