Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 春を食べる | main | trois temps & eclectic Spring Exhibition >>
フランクフルトより戻りました
0

    15frank12.jpg


    フランクフルト買い付け出張より、無事戻りました。
    我等の旅の友、スーツケースもだいぶくたびれて来ていますが、
    毎回重たい資料など詰め込んでもタフに働いてくれています。ありがとう。

    今年もフランクフルトメッセ会場に、帰国をする日の午前中まで通い、
    たくさん素敵なアイテムをセレクトしてきました。

    相変わらず広くて大きな会場で、健脚に感謝する瞬間です。


    15frank03.jpg


    ホール1からホール11まで、11の建物を回ります。
    11の建物、と言いましたが、実はその中でも数フロアに分かれておりまして...

    例えばこのホール4は、4.0/4.1/4.2と3フロアあります。
    89の国と地域から、約4800社が出展する大きな展示会ですから、
    こんなに広くても、ぎっしりと出展ブースが立ち並んでいるのです。

    我々は3日半でほぼ全てを見て回りました。


    15frank09.jpg


    今回の買付けの主はクリスマスアイテム!


    15frank06.jpg


    そう、ついこの前クリスマスが終わったばかりですが、
    2月にはクリスマスアイテムの半分くらいを決めて来ます。
    季節はずれでも、綺麗に飾られたクリスマスツリーはやはりとても素敵で、
    見ていると既に今年のクリスマスが楽しみになりました。

    人気のBOLESLAWIEC窯にも、新作オーダーをしてきました。
    今回は新しい型もお願いしましたので、入荷が楽しみです。

    いつものように、素敵な器でお茶を出してくださいました。


    15frank08.jpg


    資料を広げると狭いテーブル。
    「これ邪魔よね。」とシュガーポットをどかしてくれる担当のアリツィアさん、
    「そうね、ありがとう。」と私たち。
    「これも邪魔ね。」とお菓子が入ったボウルもどかしてくれようとするアリツィアさん、
    「あーそれはだめ!食べたい。」と私たち、笑うアリツィアさん。
    どこまでずうずうしいのでしょう?ははは。
    でもこんなことを平気で言えるほど、気心が知れて仲良くなれたということ。
    ただ「取引」をしているだけではない、人間同士のお付き合いが出来ると、
    本当にこの仕事が楽しくなります。


    そういえば、イタリアの某社でいつも我々を孫のように
    「よく来たね!オーダーが無くてもおいで!」と迎えてくれる男性が、
    今年はブースに居なかったので、かなりご高齢ということもあって、
    我々はちょっぴりひやひやしながら尋ねると、インフルエンザにかかって
    ちょうど病み上がりとのこと。
    ご無事を確認出来てほっとしていると、
    「あなたたちが来てくれたと知ったら喜ぶわ。」と、担当の女性が、
    イタリアでお留守番をしている彼に電話を繋いでくださいました。

    ね、なんだか仕事で行っているのか、お友達を訪ねて回っているのか、
    分からなくなるこんな瞬間がたくさんあるのですが、
    そういう嬉しい事が多々あるから、11ホールもめげずに歩くことが出来るのですね。
    感謝感謝。


    そして、語らずには終われぬ、食べ物のことも少し。
    先ずは、朝食。


    15frank02.jpg


    鰊の酢漬けがWECKのガラス瓶に入っている辺りが、ドイツならではですね。

    そう言えば、ちょっと話がそれますが、今回泊まっていたホテルの外に
    オーストリアのホーローメーカー、RIESSのトラックがずっと停まっていました。
    きっとこの展示会に出展していて、同じホテルに宿をとられていたのでしょう。
    なんだか友達に会ったような気分になってパチリ記念写真!?


    15frank11.jpg


    食べ物に話を戻します。

    オーダーをしていると、サプライヤーさんから、
    飲み物や食べ物をすすめられることがあります。
    大抵はこんな感じで甘いお菓子です。
    これを全部すすめられるがままに食べていくと、もの凄いカロリー摂取になりますので、
    一日中歩いているとはいえ、注意が必要です。


    15frank04.jpg


    でも、これはどうしても手が止まらない、お気に入りのおやつ。
    クリスマスアイテムを買い付ける某社で毎年振舞われるシリアルクッキー。
    手作りなのだそうです。

    数年前には、担当者にこのお菓子が美味しいと大絶賛したら、
    お土産に袋に詰めて持たせてくれたりしました。(良い大人がすみません!へへ。)


    15frank05.jpg


    そして、最後になりましたが、フランクフルトに行ったら、
    一度はこれを胃に収めないとね、ということで。

    はい。


    15frank07.jpg


    カフェで食べたので、ちょっとお上品です。

    ふう。
    今年もお世話になりましたフランクフルト。
    気づけば12回目の訪問でした。


    15frank10.jpg


    あとは、買い付けたアイテムが無事出来上がって、日本に到着するのを
    楽しみに待ちたいと思います。
    入荷しましたらまたこちらのblogでご紹介しますので、皆様もどうぞお楽しみに。




    written by K.W.


    | Others | 13:46 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << November 2020 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    Writers
    1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
    掲載商品について
    *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
    掲載商品の価格表示について
    本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE