Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 青いキャンバス | main | 漬ける季節 >>
感激する食いしん坊
0
     


    私事で恐縮ではありますが、
    お陰様で、初夏の晩酌を楽しむ日々を送らせていただいております。
    恐縮ついでにも一つご報告しますと、先週無事にまた一つ歳を重ねました。

    色々な方からお祝いメッセージを沢山いただき、
    もうそれだけで感謝感激なのに、プレゼントまで色々いただいてしまいまして、
    もう、足を向けて寝られない方角が増えすぎて、どうしよう!な、K.W.でございます。

    で、写真と私の誕生日と何の関係があるかと言いますと、
    こちらの器、Maduの企画スタッフ二人からのプレゼントなのです。

    先々週、岐阜県の土岐地方に出張に行っていた二人が、
    作陶家の小澤基晴さんを訪ねた際、
    この素敵な器をK.W.にと、選んでくれていたのです。


    この器を見た瞬間に、ぱっと頭に閃いた盛り付けのイメージが、
    一枚目の写真です。

    器は、基本的にはややゆとりのあるサイズに、余白を残すように盛り付けるのが、
    綺麗に見えるコツかなと思っているのですが、
    以前、コペンハーゲンで泊まった小さなホテルの朝食で、
    ナイフとフォークの国のそれにしてはやや小さめのプレートに
    美味しそうなシンプル料理がぎゅっと色々乗ってきたことがあって、
    それが何とも美味しそうで、気取らなくて、可愛くて、ずっと印象に残っていたのです。

    再現してみたかったのは、その朝食。
    小澤さんの器なら、お料理をたっぷり乗せてしまっても、
    ちゃんと器の特徴が見えてくる個性があるから、絶対に大丈夫!と確信して、
    普段はあまりしない、写真のような盛り付けをしてみたのでした。


    巣篭もり卵もこんな感じで。




    パスタというよりスパゲッティと呼びたい素朴なナポリタンにも良い感じ。




    個性はあるけれど、他の器とも仲良く使える、万能選手になりそうです。




    器以外にもらったプレゼントも全て、「食」に関するものばかり。
    嗚呼、食いしん坊に生まれて良かった!ありがとうございます。
    また一年、健康に、美味しく食べて過ごしたいと思います。



    お知らせ:

    小澤基晴さんの器展を、来春Maduにて開催させていただけることになりました。
    うーん、待ち遠しいですね!
    他にどんな器を作られるのか、K.W.も興味津々。
    開催期間が決まりましたら、またこちらのblogでお知らせしますので、
    どうぞお楽しみに。



    written by K.W.


    *楕円リム皿 大 たたき白 各¥2625
    *ロンタール ランチョンマット ナチュラル ¥840

    | Table & Kitchen | 16:29 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    Writers
    1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
    掲載商品について
    *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
    掲載商品の価格表示について
    本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
    follow us on Instagram!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE