Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
<< 専用の器〜多用の器 | main | 平成バージョン >>
ケニアのサイザルバッグ
0

    七月過日。
    二子玉川の素敵なお花屋さん、「Tiny N」の店先。

    おや?
    この暑い中、涼しげないでたちで、談笑しているお二人さんは、もしや・・・?
    二子玉川店のMっちとIちゃんではないですか。

    後ろ姿でしたが、何でわかったって・・・?
    2人の醸し出す雰囲気はもちろんのことですが、そのバッグ・・・。

    サイザルのバッグでわかったんですね〜。


    ささ、気づかれないように・・・パチリ!

    サイザルバッグ1

    まずIちゃんが持っているタイプは、A4サイズが入る薄型のトートバッグ。
    今年の新作です。
    肩にかけるのは難しいのですが、持ち手が短めなところもかわいいですね。

    色はこのダークブラウンとナチュラルを作りました。
    とても人気があったので、お店では、残りわずかとなっています。

    サイザルバッグ2

    次に、Mっちのバッグ。
    去年、販売していた革の持ち手のツートーンのサイザルバッグ。
    これも人気がありましたね〜。
    私、色違いを持ってます。

    ちょっと味も出てきてていい感じですね〜。
    使っていくうちに繊維のケバケバが馴染んできて、ちくちくしないようになってくるん
    ですよね。

    サイザルバッグ3

    おや?
    2人は店内に入って行きました。

    「わぁ、いい香り〜!」
    「マイナスイオンで癒されるぅ〜!」・・・などと、にこにこ顔になっていますね。
    そして、お店用のお花を選んでいるようです。

    「Tiny N」のNさんは、いつも親切にお花のことを語ってくれます。
    スタッフにいろいろ教えていただいて、ありがとうございます。

    サイザルバッグ4

    「はい、カーーーット!!」
    「お疲れさまでした!!」・・・って。


    みなさん、もうおわかりでしたよね!?

    今日は二子玉川にディスプレーをしに行った後、2人と一緒にランチに行ったのです。
    そして楽しいランチタイムを過ごした後、偶然今日、サイザルバッグを持ってきていた
    2人が、「お花を買って帰りたい。」・・・と、言うので、
    「ここでならいい背景で写真が撮れそう!」と思い、モデルになってもらったのでした。

    Nさんもご協力ありがとうございました。

    あ・もちろん、すてきなお花は買って帰りましたよ!
    Madu二子玉川店の、あるベイスと出会いを果たし、今頃多くのお客様に見て
    いただいていると思います。


    written by M.S.


    *2枚目の写真 ダークブラウンのサイザルバッグ ¥6,090

    *サイザルは、東アフリカのサバンナ地帯に生えるサボテンに似た植物です。
    龍舌蘭科の多年草で、長さ1〜2mになる葉から繊維をとり、ロープやバッグの原料に
    されます。
    サイザルの繊維は、10年の使用にも耐えられるほど丈夫で、通気性、保湿性にも
    優れています。

    ケニアでは、かごを編む技術は、母から子へと何世紀にも渡り受け継がれてきました。
    お母さんたちは、マーケットや畑仕事の帰り道でさえも、かごを編んでいます。

    1つのバッグの制作に1週間近くかけて編まれた、愛情いっぱいのバッグは、
    欧米や日本で大変人気があり、季節を問わず愛用されています。

    Maduでは、来春販売するサイザルバッグのオーダーを、8月中旬に行います。
    材料を調達して、糸状にして、染めて、乾かして、編んで、梱包して、
    車で港まで運んで、船に乗せて、船に揺られて・・・と考えると、
    それだけ長い時間がかかるのです。

    最近は、「来年はどんな形、色で展開しようか・・・?」と、サイザルバッグファンの
    スタッフにいろいろ意見を聞いて、企画を立てているところです。

    来年もぜひお楽しみに!




    | Wear & Bag | 15:58 | - | - |
    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << September 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    Writers
    1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
    掲載商品について
    *ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
    掲載商品の価格表示について
    本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
    follow us on Instagram!
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE