Madu  -美味しい食卓・ここちよい暮らし-

どんなふうに使う?どんなふうに楽しむ・・・?
毎日の生活にとけこんだMaduのアイテムについてスタッフがつづる日々の日記です。
石川裕信 器展

JUGEMテーマ:

 

 

P2070583g-2-blog.jpg

 

8月6日(土)より、ENCOUNTER Madu Aoyamaで、

岐阜県土岐市の陶芸家・石川裕信さんの器展がスタートします。

 

しっとりとした質感と美しいフォルム、

繊細さと力強さを兼ね備えた石川裕信さんの器は、

そこにあるだけで、食卓の空気を変えてしまうような

不思議な魅力があります。

「食卓が楽しくなるように」という想いを込めて作られている

石川さんの代表作「輪花」シリーズに加え、

シンプルで生活に寄り添う器の数々をご紹介します。

 

P2070560-blog.jpg

 

ENCOUNTER Madu でも大人気の「輪花」シリーズ。

一つ一つ丁寧に型打ちされたその姿は、とても美しく繊細。

土や釉薬によってその表情が一変します。

 

P2070588-blog.jpg

 

8月6日(土)には、石川さんも在店してくださいます。

是非この機会に、青山のお店へご来店ください。

 

「石川裕信 器展」

ENCOUNTER Madu Aoyama

8/6(土)〜8/28(日)

作家在店日:8/6(土)13:00〜17:00

 

9月からは、全国のMaduを巡回いたします。

Madu仙台店 9/3(土)〜9/25(日)

Madu三宮店 10/1(土)〜10/30(日)

Madu梅田店 11/3(木・祝)〜11/27(日)

Madu二子玉川店 12/3(土)〜12/28(水)

(2017年も巡回予定)

 

お近くのMaduで、是非手に取ってご覧下さい。

 

Written by Y.O.

 

 

| Table & Kitchen | 16:18 | - | - |
8月のMadu

2016年8月の作家展のお知らせです。

 

 

『石川裕信 器展』
8月6日(土)〜8月28日(日)開催

ENCOUNTER Madu Aoyama

作家在店日:8月6日(土)13:00〜17:00
しっとりとした質感と美しいフォルム、繊細さと力強さを兼ね備えた石川裕信さんの器は、

そこにあるだけで、食卓の空気を変えてしまうような不思議な魅力があります。

「食卓が楽しくなるように」という想いを込めて作られている石川さんの代表作

「輪花」シリーズに加え、シンプルで生活に寄り添う器の数々を

ENCOUNTER Madu Aoyamaにてご紹介します。


『石田裕哉 器展』
8月6日(土)〜8月28日(日)開催

Madu横浜店
穏やかな色彩、繊細に映し出された美しい植物柄。
熊本県阿蘇市の陶芸家・石田裕哉さんの器は、ろくろ成形したものを型にはめて整える

「型打ち成形」で生み出されます。
今展では、「料理を引き立て、他の器とも調和する器づくりを心がけている。」
と仰る石田さんの、黄瀬戸・緑釉・黒釉・灰釉などの温もりのある器の数々をご紹介します。
 

『古谷浩一 器展』
8月4日(木)〜8月28日(日)開催

Madu大分店
「食卓を彩るうつわ」
古谷さん定番の粉引きに、錆釉、生成り、飴釉を加え、
彩のある食卓を演出する器の数々をご紹介します。
おしゃれでスタイリッシュ、でもどこかほっとする土の器。
是非お手に取って風合いを感じてください。
 

『多肉植物寄せ植え〜TOKIIRO〜』
8月20日(土)〜8月28日(日)

ENCOUNTER Madu Aoyama

 

ハンドメイドワークショップ開催】
グリーンスタイリスト、TOKIIROさんによる「多肉植物の寄せ植え」ワークショップを開催します。

お好きな多肉を選んで、世界にひとつのアレンジを一緒につくりませんか?

開催日時:2016年8月20日(土)
13:00〜14:30
16:00〜17:30
定員: Ν共、各8名
講師:TOKIIRO 近藤義展 近藤友美
費用:¥4000+税

お申込み方法:お電話・店頭にてご予約を承ります。

ENCOUNTER Madu Aoyama
東京都港区南青山5-8-1セーヌアキラ1F
TEL:03-3498-2971
※先着順での受付となります。定員になり次第締め切りとさせて頂きます。
※お申込みの後は、突然のキャンセルがないようにお願い致します。

当日のキャンセルの場合、参加費を頂く場合がございますので、ご了承ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

『横山亜以 ガラス展』
〜8月10日(水)まで開催中

ENCOUNTER Madu Aoyama
「この夏は、ピッチャーに冷たいドリンクを入れて少しでも涼しく過ごしたい。」

ENCOUNTER Madu Aoyamaで初めてのご紹介となる横山さんの、

透明な中に様々な表情を持つガラスの作品たち。

モールシリーズの他に、絵付けの小鉢などが並びます。

ぜひ涼みにいらしてください。

 

『グラスガーデン 木村俊江 ガラス展』
8月6日(土)〜8月28日(日)開催

Madu札幌店
一つ一つ宙吹きで制作され、人の手になじんでゆくやわらかい感覚を覚えるような木村さんの器たち。

『オレンジ色の火の玉は冷めると無色透明なガラスになります。いろいろなところで使ってみてください。思わぬ美しい影が現れます。』そう語る木村さんのガラスのドラマを空想させるような作品をご紹介します。
 

『Glass studio BiBi Glass Exhibition』
8月27日(土)〜9月9日(金) 開催

ENCOUTER Madu Aoyama
作家在店日:8月27日(土)13:00〜17:00
女性らしくやわらかな形と、ほんのりポイントに優しい色を使ったガラス作品を生み出す植原さん。

底が平らなぽってりとしたフォルムが今回の新作です。
たっぷりとお料理を盛りたくなる大きな鉢も、今回初めてチャレンジしてくださいました。
見た目だけではなく、実用にもこだわった器の数々をご紹介します。
 

『加藤真雪 器展』
8月6日(土)〜8月28日(日)開催

ENCOUNTER Madu Ginza
透き通るような白生地に、絵画のような深い藍色の柄。
真雪さんの器は、凛とした表情の中にも草花の息吹、やわらか空気を感じるような優しい温もりがあります。今展では、青い小枝シリーズを中心に、いつもの食卓に華を添えてくれる器の数々をご紹介します。

 

『マサチロ雑貨店 食卓の道具展』
8月6日(土)〜8月28日(日)開催

Madu仙台店
チェリー、ウォールナット、ホワイトビーチ、タモ、ナラ、と木そのものの
持つ風合いを生かしたものづくりをされている「マサチロ雑貨店」。
スプーン、フォーク、プレート、トレイなど、食卓の道具を集めた木の彩りを、
ご紹介します。

 

ぜひ、お近くのMaduへお立ち寄りください。


Written by S.K.

| Others | 19:51 | - | - |
粒粒台湾展 at 梅田店

とうとう本格的な夏がやってきました。

むしむしと暑いですが、そんな時こそ賑やかな世界へ♪

 

青山店、

http://madu-blog.jp/?eid=862

三宮店と

http://madu-blog.jp/?eid=870

 

開催させていただき大好評で幕を閉じた、“粒粒台湾展”。

 

ご期待にこたえまして、引き続き、梅田店で開催します!

 

 

台湾の世界を味わいそびれてしまった人、

買い忘れがあったお客さま、大丈夫です!!

 

梅田店にて、皆様を心待ちにしております。

涼しい店内で、ゆっくりとショッピングをお楽しみください。

 

スタッフ一同、皆様のお越しをお待ちしています!

 

 

 

 

written by M.M.

 

 

 

 

 

 

『粒粒台湾展』

8月3日(水)〜     Madu 梅田店

 

| Others | 17:05 | - | - |
ドレッシングレシピ考案中

JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ

 

P2070939blog.jpg

 

新商品、特に、食品類が入荷すると、試さずにはいられない私。

もちろん担当者は味を確認してバイイングをしているわけですが、

スタッフ全員が事前に全て味見を出来るわけではないので、

こうやって新商品が入ると、どれどれ?と試してみたくなるのです。

 

今回は、北九州市で旬の農作物をふんだんに使い、

化学調味料・着色料・甘味料・防腐剤・保存料等の食品添加物を一切加えずに、

素材の味を生かして作られているドレッシング。

 

4種入荷した内、先ずは、一番味が気になった「あかもく」からトライしてみました。

 

 

P2070695blog.jpg

 

あかもく、は、豊富なミネラルを含む粘り気の強い海草で、味にクセが無く、

醤油をあわせたさっぱり味の和風ドレッシングに仕上がっています。

 

私は、あかもくの味を確かめたくて、1枚目写真のシンプル大根マリネを作ってみました。

さっぱり味の大根に、旨みのあるドレッシングがぴったりでした。

帆立のお刺身や、生山芋サラダなんかにも向きそうです。

 

お次は、「完熟トマト」。

トマトに合う食材は何かな?と考えて、こんなサラダにしてみました。

 

 

P2070953blog.jpg

 

オクラと赤玉葱とツナのトマトドレッシング和え。

 

ちょっと写真では見えにくいですが、

まるごと粉砕した完熟トマトがたっぷり入っていて、

口の中にトマトの濃厚な旨みと爽やかな酸味、そして自然な甘さが広がります。

玉葱もマイルドになってとても美味しかったです。

 

モッツァレラチーズにかけたり、白身魚のカルパッチョなんかにも良さそうです。

 

 

 

P2070950blog.jpg

 

 

お次は「合馬たけのこ」。

たけのこと来たら、最初に頭に浮かぶのは、あれ、ですよね。

ということで・・・・

 

 

P2080037blog.jpg

 

ワカメと胡瓜とスプラウトのサラダにしました。

この合馬たけのこドレッシングは、福岡県産丸大豆醤油を合わせた、

ごま油が芳ばしく香る中華風ドレッシングになっていますので、

さっと茹でたもやしなんかに和えても美味しそうだなと思いました。

 

こちらにも、粗めに刻んだ合馬たけのこがたっぷり入っています。

 

 

どれも、単にドレッシングをかけたり和えたりするというよりは、

一つ食材を加えるような感覚で、合わせる食材を考えるのがとても楽しかった!

 

もう1種、「新たまねぎ」だけまだトライ出来ていないので、

まだまだ実験を続けようと思います。

秋には違う味の入荷もあるようですので、どうぞお楽しみに。

 

 

 

written by bK.W.

 

 

*完熟トマトドレッシング 100ml

 新玉ねぎドレッシング 100ml

 あかもく海藻ドレッシング 100ml

 合馬たけのこドレッシング 100ml

 各¥380+税

現在はENCOUNTER Madu Aoyama限定販売中です。 

 

 

「超」簡単レシピご紹介

 

大根のあかもくドレッシングマリネ

1.大根は皮を剥き、薄い半月切りにしたら軽く塩で揉む。

2.大根がしんなりしたら、さっと洗って塩抜きをし、水分を絞る。

3.2の大根にあかもくドレッシングを和えて出来上がり!

 冷蔵庫で1時間ほど冷やし、味を馴染ませるとなお美味しいです。

 

オクラとツナの完熟トマトドレッシングサラダ

1.赤玉葱は薄くスライスしたらしばらく水に晒し、水分を絞る。

2.オクラは塩を入れた湯でさやのままさっと茹でた後、食べやすい大きさに切り冷ます。

 (茹でる前に塩もみすると色が綺麗に仕上がりますが、時間がなければ、

 塩を入れて茹でてもOKです。切るのは必ず茹でた後で。)

3.缶詰のツナは汁気を切る。

4.1・2・3全ての具材と完熟トマトドレッシングを和えて出来上がり!

 ドレッシングたっぷり、が、美味しいです。

 

ワカメと胡瓜の中華風たけのこドレッシングサラダ

1.茹でて冷水で冷やしたワカメ、又は、

 塩を少し入れた水で戻した乾燥ワカメを食べやすい大きさに切る。

2.胡瓜は薄切りにする。

3.1と2と合馬たけのこドレッシングを和える。

4.冷蔵庫等で味を馴染ませたら、

 盛り付ける前にスプラウト(今回はブロッコリースプラウト)を混ぜて、出来上がり!

 

 

あっという間に仕上がる簡単レシピですので、良かったらお試しください。

どのドレッシングも、具がたっぷり沈殿していますので、

良く振ってからお使いくださいね。

| Table & Kitchen | 10:33 | - | - |
Ai Yokoyama glass exhibition

JUGEMテーマ:

 

ENCOUNTER Madu Aoyamaでは初めてご紹介する、
横山亜以さんのガラス作品です。

 

 

自然溢れる静岡県森町の工房で、

うつわから花器、アクセサリーまで様々な作品をつくられています。

 

『慌ただしく時間が過ぎ去っていくときに、

ふと見るとそこには透明のガラスがあって、

光が入り込んでキラキラしている。

それを見るとなんだか落ち着く気がします。

すっと心に入って穏やかにしてくれる、

そんな優しいガラスのうつわ作りを心がけて制作しています。』

 

モールシリーズや絵付けの小鉢、

冷たいドリンクの似合うピッチャーなど

透明な中に様々な表情を持つガラスの作品の数々に

ぜひ会いにいらしてください。

 

7月23日(土)・24日(日)には横山さんが在店されます。
涼しげなガラスたちと共にご来店をお待ちしています。


Ai Yokoyama glass exhibition
7月22日(金)〜8月10日(水)開催
ENCOUNTER Madu Aoyama


作家在店日:7月23日(土)13:00〜17:00

7月24日(日)13:00〜17:00


Written by M.O.

| Table & Kitchen | 17:26 | - | - |
7月のMadu

2016年7月の作家展のお知らせです。

 

 

『trois temps & eclectic Exhibision』
7月8日(金)〜31日(日)開催

ENCOUNTER Madu Aoyama
手織り生地によるバッグや雑貨trois tempsと、ハンドメイドアクセサリーeclectic。

二つの魅力的なハンドメイドブランドより、新作の数々をご紹介します。

ぜひおでかけください。
作家在店日:trois temps・eclectic  7月15日(金)・16日(土)
【受注販売会のお知らせ】上記の2日間、eclecticデザイナーの眞砂さんにご在店いただき、

その場でお客様にお選びいただいた天然石やパーツを組み合わせて、

オリジナルのアクセサリーを作成いたします。

どうぞソファに腰かけて、ゆっくりお気に入りの一点をお選びください。
*開催時間:11:00〜20:00 *アイテム:ネックレス・リング・ブレスレット・ピアス等
*平均価格:10,000〜20,000円+税(石やパーツ、付ける量によってお値段が異なります。)
*店頭にて作成し、基本的にその日にお持ち帰りいただけます。

 

『粒粒台湾 展』
〜7月31日(日)まで開催中

Madu三宮店
「物から楽しむ台湾。」そんな気持ちから始まった台湾雑貨案内。

mayさん が選ぶ Made in Taiwan、ガイドブックとはちょっと違う「かわいい台湾」、

台湾の職人さんとの物作りを通して伝わってくる「魅力ある台湾」。

mayさんが自らの足で探し辿りついた、台湾雑貨の世界をご紹介いたします。


『マサチロ雑貨店 食卓の道具展』
7月7日(木)〜7月31日(日)開催

Madu梅田店
チェリー、ウォールナット、ホワイトビーチ、タモ、ナラ、と木そのものの
持つ風合いを生かしたものづくりをされている「マサチロ雑貨店」。
スプーン、フォーク、プレート、トレイなど、食卓の道具を集めた木の彩りを、
ご紹介します。


『グラスガーデン 木村俊江 ガラス展』
〜7月31日(日)まで開催中

Madu大宮店
一つ一つ宙吹きで制作され、人の手になじんでゆくやわらかい感覚を覚えるような

木村さんの器たち。

『オレンジ色の火の玉は冷めると無色透明なガラスになります。

いろいろなところで使ってみてください。思わぬ美しい影が現れます。』

そう語る木村さんのガラスのドラマを空想させるような作品をご紹介します。


『Glass studio BiBi Glass Exhibition』
〜7月31日(日) まで開催中

Madu札幌店
女性らしくやわらかな形と、ほんのりポイントに優しい色を使ったガラス作品を

生み出す植原さん。底が平らなぽってりとしたフォルムが今回の新作です。
たっぷりとお料理を盛りたくなる大きな鉢も、

今回初めてチャレンジしてくださいました。
見た目だけではなく、実用にもこだわった器の数々をご紹介します。


『加藤真雪 器展』
〜7月31日(日)まで開催中

Madu横浜店
透き通るような白生地に、絵画のような深い藍色の柄。
真雪さんの器は、凛とした表情の中にも草花の息吹、

やわらか空気を感じるような優しい温もりがあります。

今展では、青い小枝シリーズを中心に、

いつもの食卓に華を添えてくれる器の数々をご紹介します。

 

『河内啓 器展』
〜7月26日(火)まで開催中

Madu福岡店
「陶は人にとって自然との間を取り持つ素材と考え、
自然の野性味が人の生活に上手く溶け込むような
バランスを探っている。」と仰る河内啓さん。
自然の味わいや手作りの温もりを感じられるよう、
天然木の灰釉を使い、シンプル且つ、
ラフな歪みを残した器作りをされています。
そんな河内さんの想いを感じる、
表情豊かな器の数々をご紹介します。

 

ぜひ、お近くのMaduへお立ち寄りください。


Written by S.K.

 

 

| Others | 14:04 | - | - |
粒粒台湾展 at 三宮店

今年ももう、こんな季節がやってまいりました!

三宮店にて、毎年恒例になっています、大人気のmayさんの台湾展。

 

今年は、“粒粒台湾展”

 

 

一足お先に ENCOUNTER Madu Aoyama にて

開催させていただいましたが、

http://madu-blog.jp/?eid=862

 

とっても人気で、

随時商品を追加していただいておりました。

 

つぶ、つぶ、といろいろな雑貨の数々が並びます。

 

三宮店は、一軒で広く光が入る店舗のひとつですので

こちらでの展示もゆったりとご覧いただけます。

 

mayさんが案内してくれる台湾の世界は、

職人さんと触れ合ったmayさんだからこそ

伝えられる素敵な展示になっています。

 

これから暑い季節になりますが、

賑やかな台湾の展示と、涼しげなMaduの雑貨を見に、

 

皆様、お誘い合わせの上

是非、Madu三宮店までお越しくださいませ。

 

 

 

 

written by M.M.

 

 

 

 

『粒粒台湾展』

7月2日(土)〜7月31日(日)

Madu 三宮店

 

 

| Others | 15:20 | - | - |
色、色々。

 

P2040855.JPG

 

入梅した途端に晴れた日が続く、なんていうのは、

けっこう良くあることですが、

それにしても、今年の東京は雨が少ないです。

だから余計に感じるのかもしれませんが、雨後の、特に朝陽に照らされた

植物の輝きが、いつになく美しく見える今日この頃です。

 

万物を創造したのが神様なのだとしたら、

そのお方の色彩のセンスはバツグンだわ、と、

いつも自然を眺めながら偉そうにそう思うのでした。

 

そんなネイチャーカラーで、

今年もこの季節お決まりのあそびをしました。

 

 

P2060635.jpg

 

はい、ルバーブシロップづくりです。

毎年のことなのに、煮出したシロップを濾してピッチャーに溜まったその

美しい天然ピンク色の液体を見る度に、

わあっと声をあげたくなり、そしてとても嬉しくなります。

今年は、アクセントにライムを加えてみました。

 

一枚目写真のブルーの飲み物は、ハワイ諸島に生息するハーブ、Mamakiをベースに

同じくハワイのハーブである「バタフライピー」をブレンドしたハーブティー。

こちらも正々堂々の天然色です。

なんて美しいんでしょう。

しかもこちらは、レモンを入れると紫色に変化して、

味はもちろんのこと、目でも楽しませてくれるのです。

 

来客時に、氷を入れて冷やしたこのブルーハーブティーをお出ししたら、

わっと、話しに花が咲くことうけあいですね。

 

そういえば、一般的に、ブルー色のハーブティーといえば、

ブルーマローを思い浮かべますが、

先日も、同僚Mとそんなことが話題になり、試しに飲んでみたいというので、

我が家にあったドライブルーマローをおすそ分けしました。

 

 

aP2060296.jpg

 

もう既に、このドライの時点でとても美しいですね。

ビニール袋に入れて渡すんでは、なんだか味気ないなあと思い、

天然色に敬意を表して、ブルーのボックスに入れてプレゼントしました。

 

 

 

さて、もう一つ、この季節の天然色。

梅。

 

梅干を作るには、こうして黄色く熟した梅が向いています。

甘酸っぱい香りが部屋中に広がって、

梅の漬け込み作業は、数ある「仕込み」作業の中でも、

好きな作業の一つです。

 

 

P2060317.jpg

 

今年も梅干作りをスタートしました。15年目かな?もう回数も忘れるほど、

毎年の恒例となりました。

 

例年通り、容器はストレートジャー、

重しは、WECKに入った先輩梅干。もうずっとこれです。

 

写真も毎年同じ過ぎて・・・すみません!?

 

P2060326.jpg

 

先週末から漬け始めて、既に梅に全てかぶるほど、順調に梅酢があがって来ています。

この梅の色の移ろいも、見ていてなかなか楽しいものです。

 

 

 

この季節、皆さんの目を楽しませてくれる、

お気に入りの色は何色ですか?

これから益々天然色が輝きを増す季節を、どうぞお楽しみくださいね。

 

 

 

written by K.W.

 

 

 

1枚目写真

*グラス ¥300+税 (733389)

*Hawaian Herb Tea Pikai 10包 ¥1000+税 (811018)

 

2枚目写真

*うすはりグラス オールドM ¥1300+税 (733055)

 

3枚目写真

*Blue Mix Box M (871800)

 

4枚目写真

真竹 水切りざる (754694) ENCOUNTER Madu Aoyama限定品

 

5枚目写真

*ストレートジャー(Φ14.9×H20.9/約1900ml )¥3000+税 (723878)

 

 

| Table & Kitchen | 19:08 | - | - |
Peaceful Blue Madu 22nd Anniversary!


この6月、Maduが22回目の誕生日を迎えます。
ENCOUNTER Madu・Madu・Madu Fabricaをご愛顧いただいている皆さまに、
心からの感謝の気持ちを込めて、ささやかなイベントを行ないます。

『Peaceful Blue Madu 22nd Anniversary!』
2016年6月11日(土)・12日(日)
上記期間中、税込3240円以上お買上げのお客様、
各店先着100名様にハーブシードを差し上げます。


『Peaceful Blue リーフレット配布中』
Maduの夏のテーマ「Peaceful Blue」の商品リーフレットを各店にて配布中です。
こちらは店頭配布のみとなっておりますので、
ぜひお近くのMaduでお手にとってご覧ください。


この週末は22周年を迎えるお近くのMaduへ、ぜひお出かけください。
皆様のお越しを、スタッフ一同心よりお待ちしております。


Written by S.K.
| Others | 17:10 | - | - |
朝摘みハーブの販売



東京 あきる野でハーブを育て、花を咲かせる「花 さきはひ」

Madu22周年のこの初夏、花咲人 神足千尋さんが愛情いっぱいに
育てたハーブが青山にやってきます。

自然からの贈り物。
ハーブを見て、触れて、香りを感じて、その多彩な魅力を感じて
いただける2日間です。



さて、どんなハーブがやってくるのが、畑をちょっと覗いてみましょう。


花から花へ。
ミツバチが遊んでいるのは、カモミールジャーマン。

子供のころ好きだった絵本。
ピーターラビットのお話にも出てきますね。

・・・お腹を壊したピーターのために、お母さんうさぎがカモミールを
煎じて飲ませてくれるシーン・・・。
「どんな香りがするのかな。どんな味がするのかな。」
とイメージが膨らんだものでした。


香りよいラベンダーは、花束にして。
ドライになったら、手作りのサシェにしてもいいですね。

りんごような香りがするアップルミント。

目が覚めるようなすっきりとした香りで、ハーブティーにしても
おいしいペパーミント。

お料理にも大活躍のローズマリー。

お茶にするときれいな青になる、ブルーマロウ。

このほかにも、ホーリーバジル、セントジョーンズワート、カレンデュラ、
コリアンダー、レモンバーム、オレガノ、ローマンカモミールなどなど・・・。

好きなハーブを選んで花束にしたり、ドライにして瓶詰めしたものも
ご用意し販売いたします。
使い方は、ぜひ自由な発想で。


*6月11日 土曜日は オープンから15:00まで、花咲人 神足千尋さんが
在店してくださいます。

ハーブが好きな方、フレッシュハーブに触れたい方は、いろいろなお話を
直接伺える貴重な機会です。

皆様のご来店を心よりお待ちしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
朝摘みハーブの販売

開催日時:2016年 6月11日(土)12日(日)
・ラベンダー花束 ¥600+税、ラベンダーリース ¥3000+税
ハーブ花束 ¥500+税 ドライハーブ瓶詰め ¥500+税 など。
すべて無農薬で育てたものです。
*数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。

ENCOUNTER Madu Aoyama
東京都港区南青山5-8-1 セーヌアキラ1F
TEL03-3498-2971
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


written by M.S.




 
| Others | 17:03 | - | - |
CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
Writers
1994年6月、青山の裏路地に誕生したハウスウェアショップMadu。 お店ではご紹介しきれない「暮らしにとけこんだMadu」を、 商品企画スタッフが日々の日記につづります。
掲載商品について
*ブログ内の画像に写っている物で、 商品名・価格が書かれていない物は、 過去にMaduで扱った商品、あるいはスタッフの私物です。 *商品名・価格をご紹介している商品でも、店舗にて在庫切れ又は売り切れている場合がありますのでご了承ください。又、価格が変更になっている場合もございますので、詳しくは店頭スタッフまでお尋ね下さい。
掲載商品の価格表示について
本ブログでの掲載商品の価格は、 【2010年2月22日〜2014年3月10日分】は、5%の消費税を含む総額を表示 【2014年3月11日〜】は「本体価格+税」という表示になっております。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE